読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピーターパン症候群

今、私は傍から見て恋をしているそうです。恋愛って狂気の沙汰って言いますよね。なるほど、狂気の沙汰ほど面白いって言うからなあ、という感想を抱いた次第です。

あの頃私は世界に恋をしていたと本気で思っていて、今を生きている実感と透き通って綺麗に見える世界が大好きでした。目覚める瞬間だって世界に迎合されている気がした。

その恋が覚める時がいつか来るならそれはそれで一興だと思います。明日死ぬかもしれないし。未来がどうなろうといいとか、すぐ言ってしまうのは、抒情派すぎるのかな。世界征服したいし、方舟に乗って逃げ切ってみたいんです。人間に恋するよりずっと面白くないですか。

いつまでも心が女子高生みたいな感じなので、この症状について調べてみると「ピーターパン症候群」がヒットしました。いつまでも大人になれずアホなんだろうなと感じています。